リンクのごちゃごちゃカオスなブログ
日頃リンクが思ってることを、適当に書きなぐるブログです。 つまんない内容だろうけどよろしくです。 別名「チラシの裏にでも書いてろ!!」
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
PowerBook G4のハードディスクを交換しました。
先日、PowerBook G4ハードディスクを交換してみましたので、その状況を説明しようと思います。
機種は、PowerBook G415インチ型、1.67GHzのものです(M9969J/A)。
類似する他の機種では同じ手順はできないかも知れないので、その旨ご了承下さい。
01.jpg  
まず、これが改造前の状態、HDD容量が残り10GBしかなく、何とも心細い状態です。

136まず、新しいハードディスクを一旦ドライブケースに格納する。バックアップを取るためなのでFireWireがUSBよりも良いでしょう。
P1300071.jpg
137次に、Mac OS Xインストーラから起動し、ディスクユーティリティを起動して先ほどのドライブケースをPowerBook G4に繋ぎます。そして「復元」機能で「ソース」に元のドライブを「復元先」にドライブケースの中に入っている新しいハードディスクをドラッグして選択して下さい。
復元先は消去した方がブロック単位でのコピーになるのでいい様に思います。
P1300072_convert_20090131213504.jpg
138とりあえずこんな具合です。
P1300073_convert_20090131213623.jpg
139とりあえずここから分解に入ります。必要な道具、準備はこんな所です。
  • #0サイズのプラスドライバー
  • T-6サイズのトルクスドライバー
  • ある程度の大きさのあるマイナスドライバー
他に、ガムテープを紙に裏返しに貼り、どのネジがどこの物かきちんと紙にメモし、ネジを外したらガムテープに貼付けて行きましょう。
P1300074.jpg
140僕もこんな風に身支度します。静電気防止に手袋をし、髪の毛やフケなどが落ちない様に帽子をかぶり、唾が飛んだりしたらいけないのでマスクをします。当たり前ですが修理中の飲食などは厳禁です。服も出来れば化繊の入っていない、綿100%の物がおすすめです。
P1300075.jpg
141電源プラグを抜き取り、本体を裏返しにして赤丸で囲った所のツマミをマイナスドライバーで回し、バッテリを取り外します。次に黄色い丸で囲ったネジをプラスドライバー(以下指示のない時には#0のプラスドライバーを用いて下さい)で外し、メモリフタを取り外します。以後、ネジを外す時にはネジ山を潰さない様に、しっかりドライバーを押さえて軽く回す感じでネジを外して下さい。
P1300076T.jpg
142赤丸黄丸緑丸で囲ったネジを外します。ネジの長さがどれも違いますので、必ず分けて下さい
P1300077T.jpg
143PCカードスロット側についている赤丸で囲ったネジを外します。なお、組み立ての時には画像に書いてある注意書きの順にネジをはめる事をお勧めします。
P1300078T.jpg
144ヒンジ側についている赤丸で囲ったネジ2本を外します。上の方の二本のネジは外さないように注意して下さい。
P1300079T.jpg
136145FireWireやDVIポートがついた側についている、赤丸で囲ったネジを外します。143と同様、組み立ての時には画像に書いてあるネジの取り付け順を守って下さい。
P1300080T.jpg
136136フタを広げ、キーボード上部にある赤丸で囲ったネジをトルクスドライバーで取り外します。これでアッパーケースを開く事ができます。
P1300081T_convert_20090131213924.jpg
136137アッパーケースを開いた所です。画像では簡単そうですが、実は結構開けるのにはコツが必要です。まずアッパーケースのヒンジ側を少し持ち上げ、アッパーケースとロワーケースの間にできた隙間を徐々に下に動かして行く感じになります。DVDドライブのところで無数のツメによって軽く固定されているので、ゆっくりと広げて外して行きます。 一つ前のPowerBook G4の場合、DVDドライブの所には大きなツメが一個あって、これを引っ張ってアッパーケースを外す訳ですが、この機種の場合はやや異なり、小さなツメであちこちが止まっている感じになっています。ゆっくり広げて行けば外れますので、落ち着いてやって下さい。 コツは、焦らない事落ち着いてやる事外れない!と投げやりにならない事、です。 似た様な言葉三つで済みません330でも、大事なので三つになってしまいました。力任せに開けようとするとアッパーケースやロワーケースを曲げる原因になるので注意して下さい。 後、アッパーケースとロワーケースの間には、キーボードや電源ボタン、トラックパッド等と繋がってるフラットケーブルが一本ありますので、これを損傷しないように注意して下さい。 前の機種だとこれ分かれてた様ですが、この機種では一本にまとまっていますね。
P1300082_convert_20090131214024.jpg
136138ハードディスク右側のブラケットについている、赤丸で囲ったネジを外します。
P1300083T_convert_20090131214116.jpg
ここまでで外したネジが以下の通り。たくさんあって疲れます356
P1300084.jpg
136139ハードディスク右側のブラケットを外します。ブラケット上にくっついているスポンジを軽く引っ張ると外しやすいでしょう。(136138を参照)詳しい画像がなくて申し訳ありませんが、ハードディスクとロジックボードの間にはフラットケーブルがついています。ロジックボード側のコネクターをこの時に抜き取ります。テープを外してコネクターを真っすぐ上に引っ張ると、コネクターが外れます。
P1300085_convert_20090131214513.jpg
136140ハードディスクの右側をそっと持ち上げ、ハードディスクを外します。
P1300086_convert_20090131214641.jpg
136141バタバタしていたので画像がいくつか足りなくて済みません。136140から、ここまでの流れを説明します。ハードディスクの左右にあわせて四つ、ゴム製の脚がついていますので、ネジを外して全て取り外します。するとプラスチック製のシートが外れるので、これも取り外します。次にフラットケーブルをハードディスク本体から抜き取ります。ハードディスクを両手で持って、コネクターを向こうに押しやる感じにやると外しやすいでしょう。最後にハードディスクの前に両面テープでくっついているゴムシートを剥がします。
P1300087.jpg
136142前のハードディスクについていた構成部品を新しい物に取りつけ、分解した時と逆の手順で本体を組み立てます。
136143これで出来上がりです。
P1300088_convert_20090131214818.jpg
一応、さっきとハードディスクの容量を比べてみましょう。
02.jpg
ちゃんと全部で約160GB、空き容量が90GB近くなっています。

尚一つ前のPowerBook G4はアッパーケースを開く時の方法が若干違う事以外にネジの外し方などは殆ど同じですので、そちらの機種のユーザーさんにも参考になるかと思います。

(参照記事:http://www.ifixit.com/Guide/Mac/PowerBook-G4-Al-15-Inch-1-5-1-67-BT-2-0-LR/Hard-Drive-Replacement/64/8/Page-1

以下、他ブログ様の関連記事も紹介します。
ここは一つ前の機種(FW800)の交換方法を記載しているページになります。正直ウチよりも遥かに詳しく書いてます。めっちゃ凄いです。前編と後編両方を見てください。
スポンサーサイト

テーマ:Apple - ジャンル:コンピュータ

copyright © 2005 リンクのごちゃごちゃカオスなブログ all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。